南アジア地域で未発見・未調査遺跡の探検調査活動を実践してきたNPOです

南アジアのジャングルや未開発地、島嶼部には、まだまだ多くの未発見・未調査の遺跡が人知れず眠っています。この法人は、広く一般市民の力を集めて、未調査遺跡の調査活動を行う、日本初の「探検NPO」です。また、遺跡に関する研究や啓蒙活動、現地の人々や機関との協力活動を進め、人類共有の歴史文化遺産の研究発展や保護と、そのための国際協力の推進に寄与したいと考えています。あなたも自分にできることで会に参加し一緒に活動しませんか?

記事

【お知らせ】植村直己賞受賞祝賀会を開催

2018年度の植村直己冒険賞受賞が決まった当NPO理事長・岡村隆の「受賞を祝う会」が、4月20日、南アジア遺跡探検調査会と法政大学探検部OB会の共催で開かれました。会場のアルカディア市ヶ谷には、NPOの会員はじめ、法政大 …

【お知らせ】理事長に植村直己冒険賞

2018年度の植村直己冒険賞が、当NPOの理事長・岡村隆に授与されることになり、2月12日に植村直己氏の母校である明治大学紫紺館で記者発表と会見が行われました。スリランカやモルディブなど南アジアでの50年に及ぶ遺跡探査活 …

報告会へのご参加、ありがとうございました

2月2日午後、拓殖大学文京校舎で開催した「スリランカ密林遺跡探査隊2018」の報告会は、おかげさまで多くの人にお出でいただき、盛会のうちに終えることができました。 隊活動全体の動画上映や、発見・調査した各遺跡の説明、各隊 …

2月2日(土)は「スリランカ密林遺跡探査隊2018」の報告会です

先にもお知らせしましたが、2月2日に「スリランカ密林遺跡探査隊2018」の報告会を拓殖大学文京キャンパスで開催します。同隊の学生リーダーだった木村亮太君(拓大探検部4年、関東学生探検連盟前会長)らを中心に、若い力が成功に …

【お知らせ】「スリランカ密林遺跡探査隊2018」の〈報告会〉を開催します

2018年夏に派遣した「スリランカ密林遺跡探査隊」は、ご支援、ご声援をいただいた皆さまのおかげで、主目的であったタラグルヘラ山遺跡の発見に成功し、周辺で未知の先住民岩絵も発見するなど多くの成果をあげることができました。 …

【お知らせ】朝日新聞でスリランカでの活動が紹介されました

2018年夏のスリランカ密林遺跡探査は成功裏に終わり、現在「報告書」を制作中ですが、朝日新聞が12月26日付夕刊の一面で当NPOの活動を大きく取り上げてくれましたので、記事を掲載いたします。夏の隊派遣をご支援くださった皆 …

【ご報告】全隊員が帰国しました

7月末以来、現地活動を続けてきた「スリランカ密林遺跡探査隊2018」は昨14日、最後まで各遺跡見学のためスリランカ国内を旅行中だった木村亮太(学生リーダー、拓殖大学探検部4年)が帰国し、これで全隊員が無事に役割を果たして …

【ご報告】残務を終え、帰国しました。

今夏、みなさまのおかげで実施でき、どうにか所期の目的を果たせた「スリランカ密林遺跡探査隊2018」ですが、スリランカ政府考古局との残務整理に当たっていた岡村は9月9日に帰国いたしました。 帰国直前にはNPOからスリランカ …

スリランカ政府考古局にドローンを寄贈

未知だったタラグルヘラ山遺跡を探検するため、合同隊を組織してともに活動したスリランカ政府考古局。この長年のパートナーに、NPO法人南アジア遺跡探検調査会は今回、ドローン1台を寄贈した。実際は国内の外国人利用規制をクリアす …

残務&海水治療を終了

スリランカ南西海岸にある世界遺産の城塞都市ゴール南郊のウナワトゥナに滞在中だったが、本日で切り上げてコロンボに帰る。 ウナワトゥナは南西モンスーンの季節でも海に入れる南西海岸唯一の入江の村で、昔は鄙びたいい漁村だった。1 …

PAGETOP
Copyright © SARERS|南アジア遺跡探検調査会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.